5月21日、弊社が所在します大阪府において、「新型コロナウイルス感染症対策本部」による緊急事態宣言が解除されることとなりました。また、5月25日には、当社東京事業所及び親会社であるデータ・フォアビジョン並びにForeVsionが所在する東京都でも緊急事態宣言が解除されることとなりました。
お蔭さまを持ちまして、弊社グループでは本日まで、社員の中から一人の罹患者も出すことなく、業務を継続することができました。
宣言解除を受けまして弊社グループでは、4月8日から実施していました全社員・協力会社の原則出社停止措置を、以下の原則に従って見直すこととします。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大リスクは依然として残っており、引き続き、お客さま並びに弊社社員・協力会社の健康・安全第一として、一部出社制限を継続します。
  • 引き続きテレワークを継続いたしますが、業務及び保守対応等には影響のないよう努めてまいります。

※急な問合せ等は担当営業までご連絡ください。

  • 原則として控えておりましたお客さまとの対面による打ち合わせについては、移動手段、参加人数等について感染リスク抑制のための十分な対策をとったうえで、お客さまのご了解のもと、順次再開いたします。

今後は、引き続き安全配慮義務に十分注意しながら、新型コロナウイルスの再拡大に備えるとともに、これまで以上の内容にてサービスをご提供できるよう、体制を整備してまいります。また、未曾有の経済危機に直面する中で、お客さまの業務にこれまで以上に貢献できるよう、新たなサービスの企画と実現に努める所存です。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって再び緊急事態宣言が発令されるなど、大きく環境に変化がある場合には、再び弊社業務体制についても変更させていただく可能性があります。その際には、あらためてご案内差し上げます。引き続きご支援・ご指導のほど賜りたくお願い申し上げます。

以 上