金融業務ソリューションを開発から保守までワンストップで提供します!

融資支援システム

概要 特長 概念図 DFVグループ融資支援
パッケージ製品シリーズ

【概要】

審査プロセスを標準化し、稟議作成から新BISに対応した案件格付までを実現
融資支援システムは、案件審査の高度化、そして債務者評価と回収評価(LGD)を使用した案件格付までをカバーするパッケージです。 ワークフローシステムにより「プロセス管理」「管理コストの削減」を図るとともに、「リスク管理の高度化」、「営業・マーケティング戦略への活用」を同時に実現することで、リスク・リターンの両面から融資・審査業務を高度化します。
また、格付自己査定・引当金システムCRAS、債権回収管理システムと組み合わせることで融資・審査業務におけるリスク管理態勢の入り口から出口まで”一元的”且つ”一貫”して管理することが可能となります。

一元的且つ一貫したワークフローシステム
プロセス管理が可能かつ管理コストを削減できる仕組みを提供します。

リスク管理の高度化
信用リスク管理の高度化に資するトータルな仕組みを提供します。

営業・マーケティング戦略への活用
営業・マーケティング戦略に活用できる仕組みを提供します。

当局対応
新BIS規制(内部格付手法)対応で必要となる案件格付機能を搭載します。

△TOP

【特長】

案件審査・稟議の業務フロー
・貸出案件の審査・稟議、融資関連の各種案件稟議、報告業務を管理。
・案件発生前の見込段階における顧客交渉、店内協議の業務から、案件発生後の審査・稟議の業務フローを構築
・業務実施時に参照すべき情報や、財務ランク、融資限度額等を自動で判定した結果などを的確にユーザに伝え、審査ポイントを纏めた情報の参照が可能

融資先情報管理
・企業審査、案件審査を実施する上で必要な各種融資先の情報を管理
・従来担当者のPC上で個別にエクセル等で管理されていた情報を一元的にシステムで管理
・必要な時に必要な情報が必要な人に届けられる環境を整備
・登録情報を元に、一覧性を高めた表示方法をとることで、過去からの推移等を見易い画面で提供

債務者審査のプロセス
・決算書徴求、延滞発生等、各種クレジットイベントが発生した都度企業審査を実施し、格付、債務者区分、今後の取引方針等を決裁
・頑健な財務スコアリングモデルによる一次格付、明瞭なロジックによる債務者区分判定
・それらを齟齬なく一気通貫で作業可能な業務フローを構築

期日、履行管理・作業項目管理
・決算書徴求、延滞発生等、各種クレジットイベントが発生した都度企業審査を実施し、格付、債務者区分、並びに今後の取引方針等を決裁する機能。
・頑健な財務スコアリングモデルによる一次格付、明瞭なロジックによる債務者区分判定
・それらを齟齬なく一気通貫で作業可能な業務フローを構築

出口管理
・債権回収管理とその情報を蓄積
・「債権管理モジュール」と「回収情報蓄積モジュール」から成り、煩雑になりがちな期日・時効管理業務を正確に運営し、回収情報をLGD算出に必要な詳細レベルまで蓄積する業務フローを構築

△TOP

【概念図】

solution_finance_chart

融資支援システム概念図

 

△TOP

【パッケージ製品シリーズ】

【融資支援システム】

  1. 融資稟議・斎諌支援システム(Lincs)
    ・事業性融資における審査支援(小口融資におけるモデル審査、 一般審査における標準審査)・稟議機能
    ・個人ローンにおける受付から審査(ブラック判定・モデル審査)/
    実行にいたる稟議・プロセス管理機能
  2. 格付/自己査定/引当金
    ・内部格付から自己査定、引当金までを一気通貫に行う ワークフロー機能(CRAS)
    ・個人ローンに特化した格付(債務者、債権)・自己査定・引当金 までを一気通貫に行うワークフロー機能(PLAS)
  3. 債権回収管理(LEADS)
    ・ワークフローによるLGD推計データ蓄積機能・債権管理機能
  4. 信用リスク管理(Portfolio Master)
    ・信用リスク計量及びポートフォリオ管理機能
  5. 自動審査(Loan Factory)
    ・融資個別案件の自動審査機能

※パッケージに関する動作環境等はお問い合わせ下さい。
※記載されているパッケージ情報は、機能の改良等により予告無く変更されることがあります。

△TOP

PAGETOP

© 株式会社シーシーエス Copyright(c) CCS Co.,Ltd All rights reserved.